脊柱管狭窄症は治療できる|辛い痛みやしびれとサヨナラ

医者

どこへ行こうか迷ったら

先生と患者

最近は、インターネットで病院を検索することができますし、口コミサイトなどもあって病院の雰囲気や待ち時間などもわかるのでとても便利です。口コミ情報では、自分も情報を提供できることがあれば提供すると、もっと盛り上がります。

詳しくはこちら

譲れない条件

笑顔のナース

新宿の内科に行くのであれば、とにかく自宅の近くがおすすめで、急に体調が悪くなった時や、混み合い具合を確認する場合など何かと便利です。それから実際に足を運んで自分に合うのかを感じておくことが大切で、時間がないなら口コミを利用しましょう。

詳しくはこちら

腰の痛みや足のしびれ

脊柱管狭窄症の治療を専門的に行なっているクリニックがこちらにあります。電話予約をすることができるので受診したい人はサイトを確認しましょう。

加齢に伴う

病院

脊柱管狭窄症は腰の痛みや足のしびれや痛みが起きて、わずかな距離を歩くのにも苦痛を伴います。脊柱管狭窄症は脊椎の脊柱管が年齢を重ねることで、変形して神経を圧迫することで痛みが発生するのです。骨が加齢によって弱体化して骨盤が歪んだり背骨がずれることで変形するので、治療するには骨盤を矯正したり歪んだ背骨を治す必要があります。さらに左右の筋肉のバランスを整えることも重要です。脊柱管狭窄症は腰や足の痛みと間欠性歩行という少し歩くと苦痛で歩行困難になりますが、しばらく休むとまた歩けるようになる症状が特徴です。脊柱管狭窄症が悪化すると100メートルほどの距離を歩くことも苦痛で難しくなります。脊柱管狭窄症は自然治癒することはないので、保存療法や手術で治療することになります。

保存療法と手術

脊柱管狭窄症になると痛みで仕事や日常生活に支障が出ることがあります。まず治療には手術をしない保存療法で治していくことが多いです。保存療法の内容は薬を飲んで痛みをやわらげる方法、痛い場所に湿布を貼る方法、マッサージや赤外線などを使用する理学療法、神経根ブロック注射やコルセットで患部を固定するなどの方法があります。脊柱管狭窄症が保存療法でも改善せず痛みが継続するときは、手術によって治療していきます。手術では背中の皮膚を切って背骨や黄色靱帯を削って神経への圧迫を除去します。黄色靱帯を削る椎弓切除術や圧迫しているところを切除する拡大開窓術や痛みが少ないと言われている棘突起縦割式椎弓切除術などがあります。

腎機能の治療

病院内

世田谷区の病院では、睡眠中を利用した透析を行っています。こういった方法を利用することが、透析治療の負担を減らすコツです。時間をかけるため、負担が抑えられるなどの大きなメリットがあるのが睡眠中の透析治療です。

詳しくはこちら